ビットコインのキーワードは「ブロックチェーン」

さくらインターネットやオウケイウェイブ、インフォテリア、ロックオン――こうした会社に共通する要素がわかるだろうか?

いずれも「プライベート・ブロックチェーン」のサービスを提供するテックビューロとの提携を発表し、2016年初頭に株価が急騰した企業だ。「ブロックチェーン」はビットコインの根幹をなす技術。ビットコインを投資対象として見るだけならば理解しないでもいいかもしれないが、その概要を知っておけば、「なぜビットコインがこうも注目されるのか」をより腑に落ちてくるだろう。

「Blockchain」の検索トレンドグラフ

管理者不在でも改竄を防ぐ仕組み

1万円札なら日本銀行が、SuicaならJR東日本が管理、発行しているが、ビットコインはよく知られているように管理者が不在だ。管理者がいないと何が困るのだろうか。管理者がいなければ偽札が流通したり、自動改札を騙そうとする人があらわれるかもしれない。

ビットコインで、こうした不正を防ぐのがブロックチェーンとなる。ビットコインの取引は数十個ごとに「ブロック」化される。小説の1ページのようなものだ。それぞれのブロックは前のブロックと齟齬がないよう、ビットコインネットワークの参加者によりつなげられる。

このつなげる作業が「マイニング」(採掘)と呼ばれ、その実体は単純計算の膨大な繰り返しだ。前のページとぴったりあうような書き出しを探す作業、と言い換えてもいいかもしれない。そうやって綴られていった一冊の小説は、あとから1ページだけを書き換えると、前後の脈絡がつながらなくなってしまう。

そうやってブロックチェーンは改竄を防いでいる。また、このマイニングに成功した人への報酬としてビットコインが与えられることになる。

ブロックチェーンは無限の可能性を秘めている

ただ、ブロックチェーンに書き込む内容はビットコインの取引だけとは限らない。冒頭で紹介したように、ブロックチェーン技術に企業が注目するのは汎用性が非常に高い技術だからだ。

ブロックに書き込む内容はA社とB社の契約でもいいし、本店と支店間の資金のやりとりでもいい。あるいはアメリカのナスダック市場が取り組んでいるように株券の取引でもいい。非常に大きな可能性を秘めているため、ブロックチェーンはビットコインに限らず、さまざまな分野で大きな期待を集めている。