ビットコインは送金コストが安くてスピーディーな決済ができ、国の境界を問わず世界で利用できる仮想通貨です。クレジットカードや銀行座を利用しなくても決済が簡単にできます。利用できるお店やサービスが増えるほどその利便性を実感できる将来性があります。

低コストでスピーディー

ビットコインは世界で共通して使える仮想通貨です。
自国の通貨を交換レートで換算して、手に入れることや即座に代金決済や送金に充てることも可能です。
国の通貨は国が発行して政府や中央銀行か管理しており、最近わが国でも浸透してきているICカードなどを使った電子マネーにおいては民間企業が発行や管理を行っています。
ですが、ビットコインは世界をインターネットのネットワークでつないでコンピュータープログラムによる管理がなされているだけで、発行体や管理組織もありません。
送金にあたっては銀行やクレジットカード会社なども介在しないため、送金手数料もゼロまたは極めて安く抑えることができます。
支払をしたい人から送金先にダイレクトに送金できるので、送金コストが安いだけでなく、送金スピードも速いのがメリットです。
銀行のように営業日以外は送金できないのとは違い、日本からアメリカへも10分足らずで着金します。

クレジットカードや銀行口座が不要

ビットコインを利用するにはパソコンやスマホなどで使えるウォレットという保管する機能を用意すればいいだけで、チャージのためのクレジットカードや銀行口座などは基本的に不要です。
送金と支払いを受ける者の間で、特定のアドレスのやり取りをするだけで決済が行えるので、クレジットカードを持っていなくても、クレジットカードの利用に不安がある方も気軽に利用ができます。
オンラインショップなどでクレジットカード情報を入力することに不安がある方も、不正利用や情報漏えいの不安を持たずに利用できるメリットがあります。

世界で使える

ビットコインは世界共通で使える仮想通貨です。
インターネット上でショッピングをする場合やネットオークションを利用したり、個人輸入を行う場合なども、海外サイトの利用や海外との取引でも簡単に決済ができるメリットがあります。
実店舗でも利用が可能ですから、海外に出かけたときにビットコインが利用できるお店があれば、いちいち円を現地の通貨に両替しなくても、クレジットカードを持っていなくても、簡単な操作だけで支払いができます。
後進国など金融インフラが整っていない地域では、ATMやCD、両替所なども直ぐに見つけることができません。
ですが、利用できる飲食店やショップが世界に増えていけば、その店舗で用意されているタッチパネルやタブレットとご自身のスマホなどを通じて簡単に決済ができますので、世界を旅する人や海外赴任が多い方にも便利です。
利用できる場所が増えるほどに使い勝手が増すメリットがあります。