仮想通貨とはコンビニや鉄道会社などで使えるカードにチャージして使う電子マネーや、オンラインサイトやオンラインゲームなどで使えるコインなど多岐にわたりますが、ビットコインの特徴としては決済の仲介をする組織が存在しないため、手数料を支払う必要がなく、スピーディーな取引ができるところです。

一般的な仮想通貨とは違う

仮想通貨という言葉を聞いたことがありますか。
よく知らなくても実際には既に利用している方も多いかもしれません。
コンビニや鉄道会社などで使えるカードにチャージして使う電子マネーや、オンラインサイトやオンラインゲームなどで使えるコインなども仮想通貨の一種です。
国が発行している通貨とは異なり、紙幣や貨幣としての実態もなく、特定の範囲でしか使えない特徴があります。
たとえば、オンラインゲームで使うコインはゲームの利用には使えても、他のショップで商品を買い物をする時には使えません。
また、普及が進んで便利になりつつある電子マネーも、その仕組みに参加している加盟店でないと使えず、どこでも気軽に使えるわけではありません。
これに対して、近年話題を集めているビットコインは特定の領域に限定されず、円やドル、ユーロなどの国家発行の通貨と同じように世界で通用することを前提に造られた仮想通貨です。

世界規模での利用が前提

ビットコインはコインといっても、10円玉や100円硬化などのような実体があるものではありません。
あくまでもパソコンやスマホなどインターネット上の仮想空間で利用できる、手では触れられないお金であり、仮想通貨の1つです。
世界規模での利用が可能な理由として、通貨の価値が全世界共通という特徴があります。
円やドルなど国家が発行するお金には価値の違いがあるため、為替レートを使ってその都度異なるレートで交換する必要があります。
円をそのまま海外に持って行っても、買い物をしたり、レストランで支払いをすることはできません。
ビットコインも一度は円を元手に購入する必要はありますが、その後は世界のどこでもネットを通じて決済できるスムーズさがあります。

ビットコインのメリット

ビットコインを利用すれば、個人間で直接お金の送金と受け入れができるようになり、いちいち銀行口座を使って振り込みをしたり、クレジットカードを登録して決済する必要がなくなります。
手数料も無料か格安でできるので、振替のたびに手数料を気にする必要がありません。
というのは、銀行やクレジットカード会社のような決済の仲介をする組織が存在せず、手数料を支払う必要がないからです。
手数料が気になって買い物を躊躇したり、オンラインショップで欲しいモノを見つけても、少額の商品に手数料を払うのはもったいないと躊躇したことはありませんか。
もし、ビットコインで決済できるようになれば、決済がスムーズになり、世界のお店や個人から気軽に購入もできるようになります。