近年急速に普及しはじめたビットコイン。
どのような仕組みで運営されているのでしょうか。
また、消費者や販売側がビットコインの利用で得られるメリットとはどのようなものでしょうか。
今回はビットコインの仕組みから得られる利便性を解説します。

コンピューターで管理される仮想通貨

お店で買い物をしたり、食事をしたり、オンラインショップや通販で買い物をしたりサービスを利用するとき、その料金はどのように支払っていますか。
現金で直接払う、クレジットカードや電子マネーのIDカードやお財布ケータイを使う、プリペイドカードや商品券を使う、代引きを使う、コンビニ支払いや銀行振り込みを使うなどその方法はたくさん存在しています。
多彩な決済手段の中で、今、注目を浴びているのがビットコインです。
世界で使える共通通貨として利用価値が高まっているのです。
ビットコインが便利なのは管理する組織が存在しないことにあります。
国の通貨のような中央銀行や政府、クレジットカードや電子マネーなどを管理するカード会社や事業会社などが存在していません。
どんな仕組みになっているかといえば、コンピューターを通じてネットワーク上で取引履歴の管理を行っているだけなのです。

だからコストが安い

組織が存在しないので組織の運営費や人件費なども必要なく、資金の動きとそれをデータに取り込み記録する仕組みが整っているだけです。
そのため、手数料などのコストが抑えられ、ユーザーにとってはもちろん、販売者など決済で代金を受け取る側にもメリットがあります。
たとえば、代引きを利用する場合、代金を消費者から受け取って販売者に渡す配達業者に手数料を払わなければなりません。
クレジットカードの利用もクレジットカード会社に手数料を払う必要がありますし、銀行振り込みの場合も銀行への振込手数料が発生します。
この手数料を消費者が負担するのか、販売者側が負担するのかで販売者のサービスが分かれています。
利用が少ないお店で販売者が負担すれば経費が膨らんでしまいますし、だからといって消費者に負担させては思うように売り上げが伸びません。
ですが、ビットコインを利用すれば手数料は無料または極めて低料金で済みますので、消費者にとっても販売者にとっても利用しやすく有利に働きます。

だからスピードが速い

ビットコインは銀行やカード会社などの管理会社や仲介業者が介在しない仕組みですから、送金スピードや決済スピードも非常に速いです。
たとえば、銀行振り込みを利用するとなれば、平日の15時を過ぎると翌営業日以降の着金や入金になるなど、タイムラグが生じてしまいます。
コンビニ支払いも便利に見えて、コンビニまで払いに行かなければならないという手間と時間がかかります。
これに対してビットコインなら取引所を通じて直ぐにウォレットにチャージできるのはもちろん、ID、パスワードの入力程度で24時間、瞬時に決済を済ませることができるのです。