ビットコインはクレジットカードのように手数料のコストが高くなるということはありません。そのため、消費者のビットコインの普及と共に提供側も決済方法に取り入れやすくなっています。

ビッドコインの普及を目指したい

ビットコインは世界で通用する仮想通貨として、国内外のオンラインショップやオークションサイトでの決済などニーズが高まっています。
もっとも、日本のショップ等で商品購入やサービス利用をする場合、利用できる支払い手段といえば現金かクレジットカード、実店舗ならこれに加えてプリペイドカードやチャージ式の鉄道会社やコンビニ系の電子マネー、オンラインショップや通販なら銀行振り込みやコンビニ支払いといった手段が一般的です。
ビットコインユーザーにとっては、もっと利用できるお店があればいいのにと思われているかもしれません。
一方、お店の経営者としては現金だけでなく、様々な支払い手段を設けることでより購入者が増えたり、高い品物が売れやすくなる、大量に買ってもらえるようになるということを頭ではわかっています。
ですが、新しい決済手段を導入するには仕組みが理解できない、手間がかかる、決済会社への手数料が発生するなど、なかなか踏み切れない事情も存在します

手数料が安い簡単決済を実現

たとえば、消費者にとっては便利なクレジットカード払いですが、使えないお店もまだまだあります。
消費者にとっては便利でも、販売者にとってみれば加盟店になると手数料などの支払いが必要になるため、コストが大きくなるからです。
この点、ビットコインなら銀行やクレジットカード会社といった運営機関が介在しないため、手数料は支払わずに済みます。
銀行振り込みの手数料を顧客とお店のどちらが負担するかを考えたり、クレジットカード会社に手数料を支払う必要はありません。
もっとも、ビットコインの仕組みがよく分からない、簡単に導入したいという販売者なら、ユーザーとの間の決済サービスを提供する事業者もあるので利用してみるといいでしょう。

日本の決済サービス事業者を利用すると便利

決済サービスを提供する事業者といっても、もともと手数料の存在しない世界で簡単に支払いが可能なため、事業者に支払う手数料もクレジット会社などに比べて低く抑えられています。
日本国内の事業者を利用すれば、購入代金の受け取りは日本円で可能です。
ビットコインそのままで受け取っても困るという販売者にとっては、安心でスムーズな受け取りが可能であり、詳しい知識がなくても導入しやすいです。
リアルタイムの需要供給レートでの取引に不安がある方は、価格変動リスクが抑えられるオプションが無料で提供されている場合もありますので、事業者のサービス内容を確認し、比較検討して利用をスタートするといいでしょう。