ビットコインには電子マネーをチャージするカードや通常の紙幣などの形がないため、ビットコイン専用の財布を持つ必要があります。財布と言ってもスマートフォンやデスクトップで使えるウォレットやオンラインのクラウドサービスを利用したタイプ、オフラインで使えるハードウェアタイプのことを指します。

ビットコインを始めるにはウォレットが必要

貴方が何か商品を購入したり、有料のサービスを利用するときどのように支払いをするでしょうか。
お財布から現金を出す、クレジットカードを使う、最近流行りの電子マネーのプリペイドカードやお財布ケータイを利用する、銀行口座から振り込みや引落しをする、その方法は様々です。
ビットコインの場合は現金ではないので、手に持てる通貨や紙幣は存在しません。
かといって日本で普及しているコンビニや鉄道会社などで使える電子マネーのように、チャージするカードも存在していません。
基本的にはインターネット上の決済に利用するため、実際に店舗に出向いてカードを使うといった必要がないからです。
一方で、ビットコインの残高を管理するための専用の銀行なども存在していませんので、口座で管理することもできません。
では、どうするかというと自分のお財布を持つ必要があります。
それにはスマートフォンやデスクトップで使えるウォレットやオンラインのクラウドサービスを利用したタイプ、オフラインで使えるハードウェアタイプなどがあります。

パソコンやスマホをお財布に

パソコンのデスクトップを使って管理するベーシックな方法のほか、いつでも何処でも気軽に使えて実際の財布のように持ち歩きたいなら、スマートフォンのアプリタイプが便利です。
もっとも、厄介なのは公式ウォレットという存在がないことです。
様々な開発者やサービス業者からデスクトップ用やスマートフォン向けのアプリが提供されているため、信頼のおけるものをダウンロードする必要があります。
資金を預けて管理する機能ですから、資金が盗まれたり流出したりしないよう、信頼のできる提供元からセキュリティの整ったものをダウンロードするようにしましょう。

目的に合わせて安心なウォレットを探そう

デスクトップタイプやスマートフォンのアプリタイプの欠点は、パソコンやスマートフォンが故障して動かなくなったり、ウイルス感染のリスクがあることです。
そのため、セキュリティ対策はもちろん、日々のバックアップも欠かせません。
これに対して、クラウドサービスを利用したウェブタイプなら、お使いのパソコンやスマホが壊れても、別のパソコンやスマートフォンからもアクセスできて、バックアップとしての機能もあるので便利に思えます。
ですが、セキュリティ対策はサイト管理者に一任されており、サイト管理者の信頼度やセキュリティ体制が問題になります。
これに対して、ハードウェア・ウォレットはウェブやソフトを利用する方法と異なり、ウィルス感染やハッキングの虞がないので、物理的に紛失しないよう気を付ければ比較的安心できます。
大量のビットコインを長期で保有する人には、ハードウェアタイプがいいかもしれません。