ビットコインを利用するにはウォレットを用意する必要があります。
登録は簡単ですが、安心して利用するためにパスワードの複数設定など、各自がセキュリティー対策を備えることが大切です。バックアップも忘れないようにしましょう。

ウォレットに登録すれば直ぐに利用がスタートできる

ビットコインを利用するには、保管して残高を管理したり、送金や受け入れを行うためのウォレットという管理ツールを取得する必要があります。
鉄道会社やコンビニなどで流通している電子マネーのように店頭で申し込んで、ICカードが発行され、発行体のデータベース上で残高や利用履歴が管理されるものではありません。
そのため、自分で管理するための財布ツールであるウォレットを用意する必要があるのです。
ウォレットにはパソコンソフトやスマホアプリ、クラウドサービスやハードウェアタイプなど様々ありますが、インターネットを通じて利用しますのでまずはオンラインで利用できるパソコンソフトやスマホアプリのダウンロードまたは、ウェブウォレットに登録しましょう。
登録は比較的簡単で、メールアドレスを登録してIDとパスワードを設定すれば、ご自身のウォレットが手に入ります。

パスワードと認証コードをしっかり設定

ウォレットにログインできたら、直ぐにでもビットコインの購入などができるようになりますが、急ぐ気持ちは抑えてセキュリティー対策をしっかり整えてからにしましょう。
パスワードは1つだけでは不安なので、もう1つのパスワードである認証コードの設定を行います。
最初から複数のパスワード設定を求められるウォレットと、各自の判断で任意で設定できるようになっているウォレットがあります。
パスワードが増えるほど、ログインするにも何回もパスワードを入力する必要があり、面倒だと思われるかもしれません。
ですが、万が一、1つ目のパスワードが破られてしまった場合、貴方のビットコインが奪われてしまうリスクが大きくなります。
複数のパスワードを設定しておけば、そのリスクが低減できます。
ビットコインには公式や専用のウォレットが存在せず、電子マネーの発行体や銀行口座のように発行体や銀行が提供するサイトで顧客情報や残高を守ってくれるわけではありません。
自己責任の世界ですから、面倒だと思ってもパスワードの複数設定や送金時の署名の複数設定などを行っておくべきです。

バックアップも忘れずに

ウォレットの登録が済んだら、利用するだけではなく、バックアップもしっかりとっておきましょう。
オンライン上のウォレットであっても、セキュリティーが破られて第三者からハッキングされたり、物理的にパソコンやスマホが壊れてウォレットにアクセスできなくなり、データが取得できなくなる可能性もあります。
ウォレットには簡単操作でバックアップできる機能がついていたりしますから、ローカルコピーをしっかり保存しておいてください。