ビットコインの購入は、それを扱う取引所を介して行なうのが一般的です。取引所で購入して入手をする場合、まずアカウントを取得して取引口座を開設する必要があります。
取引口座開設にはメールや電話番号、本人確認なども必要です。そして、銀行振込かクレジットカードのどちらかを選択して購入することとなります。

ビットコインは取引所から購入して入手できる

ビットコインは、ピアツーピア・ネットワーク上で行われる通貨であり、それを管理したり取引を制限したりする機関もないです。
世界中で送金や決済手段の方法として利用され、今後もさらに普及する可能性もあります。
それを入手する方法は幾つかありますが、まず購入して入手することが挙げられ、それは取引所を介することで購入することが可能です。
この購入方法は簡単に言えば、お金を払いビットコインをトレードする形となります。
取引所として知られているものには、coincheck・BTC Box・Kraken・bitFlyerなどの取引所が存在します。
実際の購入方法としては、各取引所でまずアカウントを取得し取引口座を開設することで、銀行振込やクレジットカードを用いて購入を行うことが可能です。
またアカウントの取得においては、メールや電話番号、本人確認書類の提出が必要となるため、それを用意してから取得を行います。
アカウントの取得後に本人の取引口座が開設されるので、そこに銀行振込・クレジットカードのいずれかの方法を選択して購入する形となるのが原則です。

銀行振込の場合での購入方法について

アカウントが取得されると、証券会社の証券口座の様な取引口座が開設されるのでそこに取引のための資金を入金します。
その取引口座上で日本円を入金するを選択すれば、振込口座の情報が掲載されているのでそこに振込みを行う方法です。
振込口座に銀行などの金融機関から現金の振込を行えば、その取引口座に振込金額が入金額として反映されます。
そして入金が確認できたら、ビットコインの購入したい数量を指定して購入ボタンを押下すれば、時価のレートに基づいて購入される形となります。
その時、取引手数料もかかりますので注意が必要です。

クレジットカードの場合の購入方法について

クレジットカードを利用して購入する場合についても、アカウントが必須となり、その取得は銀行振込の場合と同じ手続きとなります。
ただ途中から購入方法の選択で、銀行振込ではなくクレジットカードでの購入を選択する必要があるのです。
クレジットカードで購入する場合は、5,000円分・10,000円分などといった様に、区切りが付いた金額を選択する形式になっています。
そして、区切りが付いた金額分を選択すると自動的にそのビットコインの時価レートに基づいて購入される仕組みです。
つまり銀行振込と違い、数量を指定する形での購入とならないことに注意します。
時価レートで購入することを決めた場合、後はクレジットカードの情報を入力して購入ボタンを押下すれば、それで完了です。