安全に活用していくには各自での注意が主となってきます。管理するウォレットにおいても提供している企業は数多にあるため、ご自身で情報収集を行い見極める必要があります。また、運用時に置いても、パスワードを複雑なものに設定したりバックアップを欠かさない事も重要となってくるでしょう。

ウォレットの安全性を確保する

ビットコインを利用するには残高をキープし管理するための、ウォレットが必要になります。
ウォレットは様々なタイプがあり、パソコン上にダウンロードして使うソフト形式のものや、スマホアプリ、クラウドサービスのほか、USBなどの記憶装置による外部媒体もあります。
ビットコイン利用にあたり、まず悩むのがどのウォレットを使用するかです。
銀行口座やコンビニ系や鉄道会社などの電子マネーを利用するのと異なり、特定の管理スペースがないのです。
たとえば、銀行でお金を口座に貯めたり、決済に使いたいという場合、その銀行が用意する口座を利用し、オンラインバンクのセキュリティ対策は基本的に銀行がしてくれます。
利用者はパスワードの管理などに気を付ければいいだけです。
ですが、ビットコインの場合は、ウォレットを提供する業者も多数存在しており、それぞれの信用度は各自確かめなければなりません。
また、ウォレット入手後のセキュリティ対策や紛失や流出等の防止も各自が自己の責任でする必要がありますから、しっかりした知識とそれに基づく行動をとる必要があります。

バックアップと暗号化は欠かさない

まず、パソコンやスマホ、クラウドなどのオンライン上のウォレットを利用する場合は、第三者からの攻撃やウィルス感染などのリスクもあるので、残高は少額にとどめ、必要以上の残高を置かないようにするのがベストです。
パソコンやスマホのウォレットは定期的にバックアップすることを欠かさないようにしましょう。
ウィルス感染はもちろん、パソコンが壊れたり、スマホを紛失したり壊すなど、物理的に使えなくなったときに困ります。
そのうえで暗号化もしっかりしてあれば、バックアップを使ってウォレットを回復できます。
暗号化は資金を引き出すためのパスワードでもあるので、盗難防止にも役立ちます。

オフラインで安全を担保

多額の残高保有や長期保有をする場合にはオンラインとのつながりを避け、オフラインでのハードウェア・ウォレットを使うことが安全です。
第三者からネットワークを通じて狙われたり、ウィルス感染のリスクを避けることができるからです。
もっとも、ハードウェア・ウォレットの場合もバックアップと暗号化は不可欠です。
暗号化していれば、盗難や紛失時に資金の流出を防止できますし、バックアップをとっていれば、ハードウェアが物理的に壊れたり、失くしたときに対処できます。
暗号化においてはクレジットカードやキャッシュカードの暗証番号などと同様、分かりやすいパスワードは避け、第三者に予測されにくいものにしましょう。