ビットコインを購入する主な方法は取引所を通して取引をします。その際に円を支払って購入するのですが、ビットコインは常に価格変動しているので決まった額を得られるということはありません。しかし、海外旅行に行く際に現地の通貨に替えるのと同様なので、ビットコインを購入するのも気軽にできます。

ビットコインはどうやって手に入れる?

私たちが商品の購入やサービス利用の支払いに使うお金はどのようにして得るかといえば、働いて給与や報酬という形で得るか、それで足りなければ人から借りたり、金融機関から借りて得ています。
また、金融機関にお金を預けて利息を得たり、株式投資などを通じてキャピタルゲインや配当を得て殖やすこともできます。
では、仮想通貨であるビットコインはどのようにして得ればいいのでしょうか。
もちろん、今後どんどん普及が進んで地位を高めれば、労働の対価としてビットコインで給与が支払われたり、現金との選択ができる時代も来るかもしれません。
ですが、まだ日本ではそこまでの段階には至っていないため、オーソドックスな方法としては取引所を通じて購入します。
日本の方であれば、通常、円を支払って交換することになります。

ビットコインの価値は変動する

ビットコインの取引所の仕組みは基本的には株式市場や外国為替相場などと同じです。
買いたい人と売りたい人が集まって取引を行います。
通常、買いたい人は少しでも安く買いたいと思い、売りたい人は少しでも高く売りたいと思います。
両者の希望する価格が合致したところで取引が成立します。
つまり、株式や外国為替と同様、日々価格が変動しており、円との交換レートが一定ではない仮想通貨です。
この点が、同じ仮想通貨でも日本国内で流通している電子マネーとは少し違うところです。
日本の企業などが発行している電子マネーは1ポイント1円など、常に交換レートは固定であらかじめ決められています。
これに対して世界で共通して使われるビットコインは、円の価値で固定されることなく、交換レートが変動しているのです。

取引所を気軽に利用しよう

もっとも、変動するから使いにくいとか購入しにくいというものではありません。
株式やFXなどと同様、取引所を利用して気軽に売買ができます。
価格変動があるというと不安になる方や、株式投資やFXはやった経験がないから敷居が高いと思われる方もいるかもしれません。
そうした方は海外旅行に行く際のことを考えてみましょう。
今や赤ちゃんからシニアまで気軽に海外旅行を楽しむ時代ですが、その時は銀行や両替所でその時々のレートで円を他国の通貨に交換します。
もちろん、円高の時期を狙って海外旅行に出かける人もいますが、多くの方は先に旅行のスケジュールが決まっていて、特に気にせず旅行時のレートで交換するのではないでしょうか。
ビットコインもそれと同じに考えれば、気軽です。
為替の手数料がかかるのと同様、手数料が発生するものの株や為替の手数料と比べるとごくわずかであり、低コストで利用できます。