様々な決済方法が増えている現代、ビットコインでの決済の需要も高まりつつあります。そのため、提供する側である店舗も消費者のニーズに応えるべくビットコインでの決済を取り入れるべきでしょう。支払方法一つにとっても顧客獲得に繋がる可能性があります。

新しい決済手段の導入がカギを握っている

商品の販売や有料サービスの提供するにあたり、どのような決済手段を準備していますか。
実店舗であれば現金のやり取りができますが、ネットショップなどのオンラインではそうはいきません。
クレジットカードや銀行振り込み、コンビニ支払い、代引きなどの方法を導入する必要があります。
実店舗においてもクレジットカードや電子マネーなどを使えるようにしておかないと、消費者の決済ニーズにそぐわず集客や売上にも影響を及ぼします。
多彩な決済手段を用意することが、より多くの商品購入やサービス利用、高額商品の購入などにつながります。
ポイント制度やマイレージが貯まるカードなど、消費者の決済手段に対するニーズも多様化する中で、新たな決済手段の導入がビジネス成功のカギを握っているといっても過言ではありません。
新たな決済手段の1つとして、世界で使えるビットコインは大きな可能性を秘めています。

低コストだから始めやすい

もっとも、決済手段の導入には手間やコストもかかります。
クレジットカードの導入には加盟店手数料が発生し、代引きには代引き手数料、銀行振り込みには振込手数料が発生します。
もちろん、消費者の負担にすることもできますが、手数料が高いと消費者は手数料が安いか無料のお店へと流れて行ってしまいます。
いくら以上の買い物なら手数料は会社負担とすることもできますが、その設定をいくらにするかで、消費者が他店に取られる可能性や会社の収益が圧迫されるコスト負担の増大が懸念されます。
この点、ビットコインは史上最低の手数料といわれ、手数料は無料または極めて低コストです。
ビットコインなら、顧客のクレジットカード番号などの重要な情報を管理したり、外部流出がないようセキュリティ対策にコストをかけたり、万が一の流出の際に責任を負う必要もありません。
新しい決済手段として導入するには、最もコストのかからない方法です。

高速スピード決済で安心便利

ビットコインの決済スピードは目を見張るものがあります。
銀行振り込みでは平日15時を境に翌営業日決済となり、金曜の16時に振り込んでも早くて月曜日、連休が続けば連休明けまで着金しません。
ビットコインは海外との取引でさえ瞬時に決済することが可能ですので、グローバルなビジネスの展開もスムーズになります。
オンライン上で瞬時に決済が可能なので代金の不払いリスクも回避できます。
商品先渡しで到着後にコンビニ支払いや銀行振り込みを要請するケースと異なり、代金の不払いや督促の手間やコストも省けます。