ビットコインに使えるスマホアプリには専用のウォレットのほか、他の通貨や家計管理もできる新しいサービスを備えたアプリも登場しています。アプリを使えばビットコインの購入から管理、送金までスムーズです。

持ち歩きに便利なウォレットアプリ

ビットコインを支払いに利用するには、まずは手持ちの日本円をコインに交換する必要があります。
もっとも、仮想通貨ですから円のように硬貨や紙幣のような形あるものではありません。
どうやって保管し管理するかというと、保管するためのウォレットを準備する必要があります。
ウォレットは公式のものや決められたものはなく、パソコンにダウンロードして使うソフトやスマホのウォレットアプリ、クラウドサービスを利用したウェブウォレットや、記憶端末を利用したハードウェアタイプなどがあります。
複数のウォレットを併用することもできますが、いつでも何処でもビットコインを気軽に利用したい方にとっては持ち歩きができるスマホのウォレットアプリは便利です。

新たなアプリも登場

ビットコインは送金や決済において銀行やクレジットカード会社が間に介在するわけではなく、日本で浸透しつつある鉄道会社やコンビニ、大手ECマーケットが発行する電子マネーのように特定の企業が発行したり管理しているものではありません。
発行体や管理する組織がないのにどうやって利用できるのかというと、コンピュータープログラムによる管理と、分散型元帳というブロックチェーンと呼ばれる技術によって不正取引を防ぎ、信用を維持しています。
銀行口座やクレジットカードを持っていなくても送金や決済に利用でき、世界中で共通して使えて世界への送金もスピーディーで低コストなので、世界中でユーザーが増加傾向にあります。
これまでのスマホのウォレットは新規購入や保管、送金といった専用の機能が利用できるだけでしたが、ユーザーの増加や注目度の高まりによって新たなサービスを備えたタイプも登場しています。
金銭の出入りを記録できる家計簿アプリで、取引所で購入した残高の管理や決済に使えるのはもちろん、他の現金残高やクレジットカード、金融商品の取引履歴や入出金の明細などと一元管理ができるものです。
一元管理できるアプリはこれまでもありましたが、そこに新たにビットコインの管理も追加されたということは、その地位が日本でも重要性を帯び、ユーザーが増えている証といえるでしょう。

アプリの便利な使い方

スマホ専用のウォレットや新たなアプリを使うことで、どのようなことができるのでしょうか。
ビットコインはインターネット上でやり取りするイメージがありますが、実は実店舗でも利用できます。
代金の支払いにはスマホで代金のQRコードを読み取って、画面操作で直ぐに決済できます。
ATMを使えばスマホでQRコードを読み込み、直ぐに購入もできます。