ビットコインはマイナーの協力で信用が支えられています。マイナーには報酬が支払われますが、これがビットコインの新規発行にもつながり、報酬の支払いは予め定められた総発行量で調整されています。

マイナーとは

ビットコインの話題や関連する用語としてよく出てくるマイナーという言葉をご存知でしょうか。
これはマイニングに取り組む人を意味しています。
マイニングとは日本語では採掘活動と呼ばれるもので、ビットコインの全取引履歴を記録し、信用性の担保や新たな取引を続けていくために大切な意味を持つ活動です。
マイニングに取り組むマイナーには、その貢献に対して報酬が支払われます。
報酬はビットコインの新規発行という形で行われています。
もっとも、際限なく報酬が支払われるわけではありません。
総発行量があらかじめ決められているため、報酬量も調整されており、新規発行量が膨大に増えてインフレが起きたり、ビットコインの信用が崩れることを防いでいます。

マイナーとユーザーの関連性

ビットコインの取引は複数の支払元と複数の支払先から成り立っています。
送金する際には支払元は秘密鍵によって署名をしなければなりません。
支払元の合計数量と支払先の合計数量の差が手数料として、取引をまとめたブロックの生成時にマイナーが手に入れる報酬となります。
なぜマイニングに報酬が支払われるのでしょうか。
実際の取引において支払元ではアドレスや数量も書かれておらず、支払元のコインを入手した取引と支払先の何番目であるかのインデックスしか記載されていません。
そこで、支払元の合計数量を計算するには1億以上もある取引の中から、対象となる取引を探し出して特定する必要があります。
さらにその支払い元のコインが2重払いになっていないかの確認もしなければなりません。
マイニングによってブロックに含まれることで承認を得て、送金の手続きが完結します。
すなわち、ユーザーによる取引はマイナーによって承認を得ることで安心が確保され成立します。

稼げるの?

採掘活動はパソコンと一定のソフトなどを準備し、ある程度の知識があれば誰でも参加できますが、採掘報酬の金額は年々減少しています。
なぜなら、総発行量が決まっているので利用者が多くなるほど尻つぼみになるからです。
採掘報酬は1ブロック毎に50BTCから始まりましたが、210,000ブロック毎に半減し、6,929,999番目のブロックが最後の報酬となるとあらかじめ定められています。
そのため、発掘のスピードは10分間に1ブロックとなるように調整されており、最後のブロックの発掘までには132年間かかり、2140年頃の予定です。
ブロックの生成は平均10分に1回になるようコントロールされており、2週間に1度のペースで採掘難易度が変更されています。
過去2週間の平均が10分より短い場合には難易度が上がり、長ければ難易度が下げられます。