ビットコインというと、ごく一部の流行についていける人だけが使える通貨だというイメージを持たれている方も多いかもしれません。
しかし、使い方はそう難しくありません。
現金と同じようにビットコイン用の財布を準備し、チャージすれば準備完了です。
あとは、ビットコインに対応しているショップ等で決済するだけです。

ビットコインを保管するウォレットを用意しよう

ビットコインは世界で通用する仮想通貨として人気が高まっており、日本でも少しずつ利用できるお店やサービスが増えてきました。
その利用価値というのは手数料の安さや決済スピードの迅速性などの便利さです。
使い方としては、まずウォレットを用意します。
銀行口座やチャージできるカードなどは存在しないので、現金を入れるお財布と同じように自分でお財布を用意する必要があります。
パソコンやスマホで管理できるウォレットやクラウドサービスを利用したタイプ、USBなどの記録装置を利用したオフラインタイプもあります。
ウォレットが用意できたら、取引所などを通じてビットコインを購入してチャージしておきます。

オンライン上で使う

オンラインショップやネットサービス等での使い方については、まずはビットコインが使えるかを確認し、決済手段を指定しましょう。
すると現在のリアルタイムの取引レートを用いて、日本円やドルで表示されている商品購入代金やサービス利用料を換算した価格が表示されますので、IDとワンタイムパスワードを入力すればそれで決済完了です。
ウォレットに残高があれば直ぐに決済が完了できますし、レートによっては日本円やドルで買うよりお得に買えることもあるのです。

実際の店舗で使う

ビットコインというとオンラインの送金、決済手段のイメージが強いですが、実は実店舗でも使えます。
海外ではショップやレストランなど使えるお店が増えていますが、日本でも少しずつ登場しています。
あらゆる流行の発信基地としてトレンドを先行く東京を中心に、先取り精神旺盛な地方のチャレンジャーが飲食店などで導入を始めているのです。
実店舗での使い方も、まずは使えるお店かを確認しましょう。
クレジットカードや電子マネーのICカードなどが利用できるお店に、ブランドロゴなどのステッカーが掲示されているのと同様、ビットコインが使えますといったステッカーがレジの横やお店の看板などに貼られているのでチェックしてください。
不明な場合はお店の人に直接確認すれば早いです。
では、いざ決済となると初めての時にはドキドキするかもしれません。
ですが、使い方としてはオンライン上で決済するときとほとんど方法は変わりません。
お店の方がモバイル端末やタブレットなどを用意して、商品代金や飲食代金、サービス利用料などを入力すると、その時のレートで換算された金額が表示されます。
QRコードも表示されるので、それをスマートフォンのウォレットアプリで読み取って送信すればいいだけです。
事前にスマートフォン用のウォレットアプリを用意するのは忘れないようにしましょう。