ビットコインを利用するにあたって、いくつかのリスクが挙げられます。ウォレットのパスワードを紛失してしまったり、甘い管理をしていると乗っ取られる可能性があります。また、アカウントに残高の更新にタイムロスが生じたり、ブロックチェーンで承認されず、取引自体キャンセルされるリスクもあります。

ビットコインは値動きしています

ビットコインは仮想通貨として世界共通で利用することができます。
お手持ちの円から交換する場合には交換レートで換算されますが、このレートは一定ではなく価格変動リスクがあります。
欲しい人と売りたい人の需要と供給により相場が動くので、同じ量のビットコインを得るにも必要な円の金額が異なることがあるので注意が必要です。
円やドルなど世界各国が発行している国の通貨には国という信用母体があり、国や中央銀行が発行体となって流通量などをコントロールしています。
また、仮想通貨としての1種である電子マネーなども、鉄道会社やコンビニ、EC市場、クレジットカード会社などの事業者が発行体となり、運営管理をしています。
ですが、ビットコインには発行母体や運営管理をする組織が存在しません。
では、何を信用してユーザーが利用しているかといえば、有志による取引履歴の記録活動やコンピューターシステムを使った総発行量のコントロール、そして、ユーザーによるシステムや仕組みへの信頼と利便性を感じて利用したいというニーズです。
そのため、これらの仕組みや信用が何らかの要因で崩れることがあれば、信用が揺らいで価格が大きく下落したり、時に無価値になる可能性がある他、取引ができなくなるなど流動性リスクが存在しています。

取引におけるリスク

ビットコインの購入や売却は主として取引所で行うのが一般的です。
商品の購入やサービス利用の決済として使いたい場合に、まずは取引所で購入してウォレットに残高を貯めます。
取引所はインターネット上で運営されているため、インターネットの通信障害や取引所サイトに何らかのシステム障害が生じた場合、希望するタイミングやその時点の相場での取引が制限されたり、できなくなるリスクがあります。
なお、万が一、取引所が不祥事や経営の悪化等で破綻した場合には、取引が不能となる虞や預けていた残高が確保されないリスクもあります。

ユーザー側によるリスク

ビットコインには信用性を担保するために取引履歴の確認を通じて二重支払いなどを防ぐ仕組みがあり、これをブロックチェーンと呼んでいます。
すぐに購入したくても、取引履歴の確認がとれ承認がされるまでアカウントに残高が更新されない タイムロスが生じるリスクや、結果としてブロックチェーンで承認されずに取引がキャンセルされることもあります。
また、利用者側の注意点として、外部ウォレットサービスのプライベートキーやパスワードなどを紛失したり、失念したことでアクセスできなくなることもありますのでウォレットやパスワード等の管理には注意しましょう。