マイニングとはビットコインをとある作業の報酬として受け取る活動を意味します。
この作業とはビットコインの取引履歴をひたすら更新し、全世界での決済の動きをコンピューター上で管理しています。

マイニングって?

ビットコインを決済手段として便利に活用するだけでなく、お得に上手く活用していきたいならマイニングについて知っておかなければなりません。
マイニングとは、日本語で採掘活動と呼ばれるもので、ビットコインをとある作業の報酬として受け取る活動を意味します。
国の通貨発行量が各政府や中央銀行によってコントロールされているように、世界で通用する仮想通貨であるビットコインもインフレによる価値下落を起こさないよう発行量が調整されています。
新規発行は唯一、採掘活動への報酬の支払いを通じて行われています。

マイニングを始めるには?

さて、マイニングとはどういう作業なのかといえば、ビットコインの取引履歴をひたすら更新する作業をいいます。
ビットコインには中央銀行のような管理組織は存在しない代わりに、全世界での決済の動きをコンピューター上で管理しています。
世界の決済量や資金の動きをデータで管理するわけですが、そのためにはコンピューターの膨大な計算能力が必要とされます。
そこで、世界のユーザーの手を借りて計算処理を役割分担してもらい、その成果に対して報酬の支払いをしているわけです。
もっとも、手計算で処理を手伝うといった地道な作業が要求されるわけではありません。
簡単にいえば、コンピューターの計算処理能力を提供しているようなものです。
そこで、マイニングを始めるにはパソコンと専用のソフトウェア、USB型のハードウェアであるASICマイナーといった機器やソフトを準備しなければなりません。
ネットで検索すると格安でソフトやハードウェアが販売されているので、まずはそれを入手してセッティングします。
あとは基本的にはソフトが自動的に動くのを見守るだけです。

稼ぐのはなかなか難しい

コンピューターに自動処理させればいいなら簡単と思われるかもしれませんが、実はなかなかスムーズにはいきません。
報酬は計算処理作業というプロセスに対して支払われるのではなく、処理に成功したという結果に対して支払われるためです。
たとえば貴方が個人代理店だとして、電話営業や訪問営業でいかにコツコツ頑張ったとしても、契約が取れなければ1円も稼げないのと同じです。
コンピューターの処理能力やソフトとの相性、作業のタイミングなどによって成功できるかは変わってきます。
つまり、初期投資をしても報酬は微々たるものの可能性もありますし、発行量が決められているため、マイニングをする人が増えるほど報酬が下がる可能性もあります。
稼ぐ目的でするよりは、決済の仕組みの信頼性や今後も使い続けられるよう貢献する意味で参加するといいでしょう。