ここ数年で普及しはじめたビットコインですが、日本では海外ほど普及していません。
しかし、日本人がビットコインの元となる論文を発表したという説があるのをご存知でしょうか。
当初は通貨としての価値を持たないビットコインが、どういった経過をたどって通貨として普及したのでしょうか。
その歴史をみてみましょう。

発行体なしの仮想通貨を造りたい

ビットコインは世界で通用する仮想通貨として注目を集めていますが、ネットで決済という仕組みにやや奥手な日本人の間では世界の人ほど普及はしていません。
しかし、その歴史を紐解くと日本人がきっかけを作ったかもしれないというのをご存知でしょうか。
ビットコインの歴史は、サトシ・ナカモトという人がとある論文をメーリングリスト上に投稿したことに端を発します。
中本哲史と書くので日本人ではないかと推測されていますが、実際のところ国籍は明らかではありません。
彼の発案によれば、国の通貨やカード会社や鉄道会社やコンビニ、ECサイトなどの運営者が発行母体となる電子マネーとは異なり、発行や管理を行う組織を持たず、P2Pというネットワークシステムを通じてコンピューター管理する仮想通貨を造ってはどうかというものでした。

発行体を持たない新たな仮想通貨

P2Pとはネットワークでパソコンを結び、データを送受信する通信方式であり、彼の発案によれば、暗号化の技術とP2Pによる分散処理によって新しい仮想通貨の信用を担保するというものです。
国の通貨は国という信用があり、一般的な電子マネーには電子マネーの発行体などの裏付けがあります。
ですが、この新しいビットコインの発想では、発行体による裏付けがない代わりに、仮想通貨の総発行量をあらかじめ定め、ユーザーどうしが取引記録などを処理を行いながら信用を担保し、流通をコントロールするという仕組みだったのです。
この考え方に多くの研究者やプログラマーが興味を抱き、集まった有志によりプログラミングが行われ、2009年に初めてのビットコインが発行されるに至りました。
発行されたといっても当時はまだ通貨としての価値を持たず、決済手段でもありませんでした。
研究者やプログラマー集団にとっては研究の段階で試行錯誤を繰り返しながら、ゲーム感覚で仮想通貨の世界を楽しんでいた感があります。

プログラマの遊び心が通貨へ変身するきっかけに

つまり、有志集団の内々で実験として使っていたに過ぎなかったのですが、ある時その一人が面白いことを言い出しました。
「ビットコイン1万枚とピザを交換してくれないか?」という発言です。
これを受けて、他の仲間の1人が宅配ピザを彼に届け、その謝礼として1万枚を受け取ったのです。
歴史として振り返れば、このときに初めて通貨としての価値を帯びたといっていいでしょう。
この出来事をきっかけに商品の購入やサービス利用に使えるのではという動きが広まり、現在のように世界的に使える仮想通貨としての地位を築いていったのです。