ビットコインを安心に管理するには信頼できるウォレットを利用し、セキュリティー対策を整えることが大切です。バックアップや複数管理など各自の責任で対策もとらなければなりません。第三者による不正利用を防ぐため、セキュリティーの高いマルチシグアドレスを利用することもウォレットの管理の上で役立ちます。

信頼できるウォレットを探す

ビットコインを管理するにはウォレットを用意する必要があります。
小銭や紙幣を入れておくお財布と同じ役割を果たします。
ウォレットにはいくつかタイプがあり、パソコン上にダウンロードして使うもの、スマホ専用のアプリ、クラウドサービスを利用したウェブウォレット、USBのような記憶装置を用いたオフラインでも保管できるハードウェアタイプなどがあります。
もっとも、いずれもビットコイン認定とか公式のウォレットという位置づけではありません。
一般的に銀行に預けたお金や電子マネーを管理する際は、その銀行や電子マネーを発行した企業が用意してくれるサイトを利用します。
お客様の資産を保護するためにセキュリティー対策を万全に備えたサイトが用意されますので、あとは各自がパスワード管理などに気を付ければいいだけです。
万が一、管理者側の対策ミスで資産が流出したような際は、補償を受けることも可能です。
ですが、ウォレットは各自が自分の責任で安心して利用できるものを選ぶ必要があります。
様々な業者がウォレットを提供していますが、信頼できる業者のセキュリティー対策が整ったウォレットを利用するようにしましょう。

複数管理やバックアップは不可欠

パソコンやスマホで快適にウォレットが利用でき、ハッキングなどから守られるセキュリティー対策が万全であったとしても、ビットコインを失う可能性は残っています。
それはパソコンのソフトやハードが故障して利用できなくなる危険性や、スマホの故障や水没させてしまったり、落下により物理的に壊れて動かなくなったときのリスクです。
もし、パソコンかスマホでしかウォレットがなく、バックアップもとっていなければ、残された残高が利用できなくなってしまいます。
オンラインタイプのウォレットはバックアップを欠かさず行う必要があるとともに、オフラインで保管できるハードウェアタイプも活用するなど複数管理をするといいかもしれません。

アドレスのセキュリティー対策と送金ミスの回避

ビットコインを利用するにはアドレスが必要ですが、一般的なアドレスは1から始まります。
この点、3から始まるマルチシグアドレスを取得すれば、よりセキュリティーが高いので安心して使えます。
マルチシグアドレスは送金するために複数の署名を必要とします。
事前に作成した3つのプライベートキーのうち、2つのキーでの署名が必要になるなどセキュリティーが強化されるので、第三者が勝手に送金したり、思わぬ送金ミスを防ぐことが可能となります。
マルチシグを利用することで、よりセキュリティが強化されたウォレットを構築できます。